葛飾区 心療内科と精神科の違いって? - 葛飾区「亀有4丁目整体院」

HOME > 症状別・まとめ > 葛飾区 心療内科と精神科の違いって?

葛飾区 心療内科と精神科の違いって?

2016年11月07日

ブログ写真3.png

こんにちは、亀有4丁目整体院の和田です。

当院ではよく『心療内科』と『精神科』の違いについて聞かれることがあります。

確かにどちらも内面的なココロに関係する病院というイメージがあるので、どのような違いがあるのかまでははっきり分かからない部分が多いかと思います。

「名前は違うから取り扱う病気も違うのかな?私の症状はどちらが取り扱っているのかな?」という不安はあると思います。

私も過去にお世話になったことがあるので、そのときのお話も踏まえて今回はこの2つの主な違いについてお話していきますね。

1『心療内科』と『精神科』の違いとは?

この2つの違いを一言で表すとしたら「心身症」であるか、そうでないかということです。

1-2心身症とは?

ブログ写真4.png

心身症とは心理的社会ストレスの影響によって体調を崩した結果、カラダにさまざまな症状が出ることを言います。

例えば、

ストレスが原因で胃潰瘍になってしまった...
ストレスが原因で喘息が悪化してしまう...
ストレスが原因で高血圧になる...
上司からのプレッシャーで頭痛が頻繁にでる...
試験のプレッシャーが原因で下痢になってしまう...

などがあげられます。

これらの主に『ストレス』という精神的なものが原因であるため、一見精神科のようなメンタル的な治療が中心になってくるかと思います。

しかし、実際に表れている症状は、交換神経の興奮による頭痛や高血圧、胃腸の機能低下による胃潰瘍や過敏性大腸炎だったりします。

心に原因があったとしてもMRI画像検査や血液検査などの検査値で異常を確認できるものも多く、これらは心療内科医が専門になります。

心の問題+内科の問題、ということになるので症状に合わせて薬などで治療をしながら、必要であればカウンセリングも用いて問題を解決する場合が多いです。

1-3精神科とは?

ブログ写真5.png

精神科とは名前のとおり精神症状が目立つ心の病気を扱うところです。

もう少しわかりやすく言うとうつ病に近いような精神的症状が出るようになります。

例えば不安、抑うつ、不眠、イライラ、幻覚、幻聴、妄想などです。うつや統合失調症などが多いですが、不眠症なども入ります。

精神的症状がでる原因としては

ストレス(心理的要因)
生活環境や社会ストレスの影響(家族・社会環境要因)
遺伝による体質的な問題、事故や大怪我による病的な変化(生物学的要因)

などがあります。

これは心身症と似たように体に疾患を伴う場合もありますが、基本的に上記であげた症状がメインであれば精神科ということになります。

主な治療方は精神安定剤などの服薬とカウンセリングを合わせて治療を進めていくことが多いです。

2病院を選ぶコツ

心療内科と精神科の違いはわかったかと思います。
それでも、いざ行こうとして近辺の病院を調べてみると

「○○心療内科」
「○○精神科」
「心理カウンセリング」
「メンタルヘルス」

などさまざまな名前で表記されて混乱してしまうかと思います。これらも合わせてもう少し細かく違いなどを見ていきましょう。

呼び方は違うけど、どこも大きな違いはない

もともと「精神科」という呼び方はあまりイメージの良いものではありませんでした。昔ならば近所や村では差別的に見られる、なんてことは決して0ではなかったかと思います。

行きたいけど行きづらい...この問題を解決するために現在では精神科であっても「心療内科」「メンタルヘルス」「○○クリニック」と呼ぶところが多くなったみたいです。

では行ってみないと分からない?

答えは半分イエスで半分ノーになります。

半分がイエスというのは、精神科の専門医であっても心療内科をほとんど知らない。逆に、心療内科の専門医であっても精神科の研修を受けていない医師もいるということです。

医師免許を持っていればどれでも専門医になることは可能なので、極端に言ってしまえば昨日まで眼科専門医だった人が次の日には耳鼻科専門医などになっても特に問題がないということです。1つ問題があるとするならば専門的な知識の有無や経験の差などでしょうか。

半分がノーというのは、心療内科は基本的に内科医であるという認識を持てば、ある程度目的に沿って選択することができるということです。

心療内科は心療内科医でありながら、風邪や高血圧、糖尿病といった一般内科的な病気をプライマリケア(総合医)のレベルで診ることができない、ということは考えられません。消化器内科医といっても一般内科的な疾患を診ることができ、その上に専門の消化器をやっているのと同じというわけです。

つまり、先ほどお話した通り、ストレスが原因で胃潰瘍になってしまった、過敏性大腸炎になってしまった、持病の喘息が悪化した、頭痛が...などの場合は「○○心療内科」をとりあえず先に選んで行ってみると良いというわけです。

それでもし、カウンセリングやメンタルケアをして心の悩みや問題を解消したいとあれば「○○精神科」「○○メンタルヘルス」「心理カウンセラー」などを選ぶといいでしょう。

どうですか?こうのように考えるとあまり頭の中がゴチャゴチャしないですむと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

私が精神科に通った経験談

私は高校時代に自律神経失調症とうつ病を患った際に精神科にかかったことがあります。あまり長く通っていたわけではありませんが、私の体験が少しでもお役に立てればと思い、少し過去の話をさせていただきますね。
(ただ、あまりいい思い出はなかったのでマイナス的な話になってしまいますが、今の自分があるのはお世話になった医師とのさまざまな体験があったからだと思い、今でも大きな感謝をしています)

初めてお世話になったのは代々木駅にあるとある精神科でした。私はずっと下を向きながら母に付き添ってもらっていたのを今でも覚えています。

担当して頂いたのは60代くらいの女性の先生でした。

今までの経緯を母親に話を聞いてもらい不安やイライラなどの症状があったので精神安定剤を処方され初めて服用しました。

薬を使うと頭がぼんやりして常に交換神経が興奮していた状態が落ち着き気持ちが落ち着いてきました。

2回目から心理カウンセリングが始まりました。

一番初めにやったのは一枚の画用紙に『木』を描くというものでした。

これは後に知ったことですが『バウムテスト』と呼ばれるもので、描いた一本の木、またはその風景はたまた色使いや筆圧などよって現状のさまざまな視点から見た心理状況がわかるというものです。

毎週いくつかの絵を描いていきました。

意味があったやったテストだとは思いますが正直なところ私には毎回絵を描かされに通っている感があり、担当医は母親とのコミュニケーションは取っていたものの、私との会話はほとんどなかった記憶があります。

そんな作業が半年ほど続いて、次第に通う気がしなくなり薬だけ貰いに行っているような感覚があったので途中でやめてしまいました。

2回目に行ったのも新宿にあるメンタルヘルスです。

こちらも似たような精神安定剤を処方してもらって、それを服用するというものでした。来院するたびに効果がなかったら次々と新しい強い薬を貰うという感じでした。

薬も副作用も出初めて、関節痛、無気力、無感情、思考停止状態になり医者のカウンセリングも作業的でこの頃から医師を信じられなくなってきました。

結局、そのあとも2,3件行きましたが対応は似たり寄ったりで自身の病を治すために服用していた薬に関して疑問を感じるようになり3年間の自宅療養生活が始まったのです。


このような感じです。それから私は自身で病を克服するために専門学校に入学したわけですが、その細かい内容についてはそのうちお話させていただきますね(´▽`)

こんな体験談が少しでもお役に立てればと思います。

最後におまけとして精神疾患の中でも近年増加している「うつ病」についてのチェックリストを用意してみましたので、ぜひやってみてください!

【おまけ】うつ病チェクリスト!

【テスト1】
以下の項目に「はい」か「いいえ」で答えてください。

1)1日中憂うつな気分であり、その状態が2週間以上続いている。
2)何をしても喜びが感じられず、何に対しても興味が持てない状態が2週間以上続いている。
3)疲労感があり、やる気が起きない状態が2週間以上続いている。

【テスト2】
以下の項目に「はい」か「いいえ」で答えてください。

1)物事に対する注意力や集中力が低下していると感じる。
2)自信がなく、自分を価値のない存在と感じる。
3)罪悪感を抱いており、何もかも自分の責任だと感じてしまう。
4)将来に対し悲観的になっており、希望が持てない。
5)死んでしまおうかという考えに囚われることがある。
6)夜眠れない、夜中(あるいは朝早く)に目が覚めてしまう、あるいは眠り過ぎてしまうといったことがある。
7)食欲がない。あるいは食欲が増進している。

【結果】
テスト1で「はい」と答えた項目が2つ以上、さらにテスト2で「はい」と答えた項目が2つ以上あった場合、そして日常生活に支障をきたしている場合、うつ病の可能性が高いと言われています。

いかがだったでしょうか?もしうつ病の可能性があるのなら我慢せずすぐに専門医に相談してみるといいと思います。

1人で周りに理解されない悩みを抱え込むことはとても辛いことです。あなたは決して「1人ではない」ということをどうか忘れないでください。

葛飾区で自律神経失調症を改善するなら『亀有4丁目整体院』



電話のご予約・お問い合わせはこちら

電話: 03-6662-4845

「亀有4丁目整体院」へのお電話はこちら
【住 所】〒125-0061 東京都葛飾区亀有4-38-9
【電話番号】03-6662-4845
【営業時間】午前 9:30~12:30
午後 15:00~20:30
【電話受付】 午前午後の終了30分前
【定休日】日曜、祝日、その他
【最寄駅】常磐線亀有駅 徒歩5分

PageTop

休診日カレンダー.png
まずはじめに
☆亀有4丁目整体院のご案内
○症状について
会社概要

【住所】
〒125-0061
東京都葛飾区亀有4-38-9


【電話番号】
03-6662-4845


【営業時間】
午前 9:30~12:30
午後 15:00~20:30


【定休日】
日曜、祝日、その他


【最寄駅】
常磐線亀有駅 徒歩5分


カテゴリー
新着記事
サイド 相談室お悩み.png サイド 症状別.png


葛飾区亀有 腰痛専門 「亀有4丁目整体院」
  • 住所:〒125-0061
    東京都葛飾区亀有4-38-9
  • 電話:03-6662-4845