症状別・まとめ - 葛飾区「亀有4丁目整体院」

HOME > 症状別・まとめ

葛飾区 自律神経専門整体院【背中の痛み】

2016年12月12日 [記事URL]

m002-112.jpg

背中が凝っていたり、肩甲骨周りに痛みがあったり、息を吸うと背中がピリピリするなどといった症状でお悩みではないでしょうか?

・疲れが溜まっている感じでもない...
・とくに肉体労働はしていない...
・長時間の運動をしたわけでもないのに...

このような原因がなければ、その背中の痛みは自律神経の乱れが原因かもしれません。

実は自律神経失調症の7割以上が背中に何かしらの症状を訴えているケースが多いです。

今回は自律神経と背中の痛みの関係性についてお話していきたいと思います。

1自律神経が乱れると筋肉が硬くなる

自律神経のうちの交感神経が優位になりすぎてしまうと無意識のうちに体のあらゆる筋肉が緊張してしまいます。

とくに背中は体が緊張すると一番力が入りやすい筋肉でもあります。そのため自律神経に乱れがある人は背中の筋肉がガチガチに硬くなってしまい、凝りや痛みを訴える人が多いのです。

背中の筋肉以外にも、肩こりや腰痛でも、あちこちに鈍い痛みを感じるといった症状も自律神経失調症と大きな関係があります。

2自律神経が乱れる原因

自律神経が乱れる主な原因は『ストレス』です。

通勤時のラッシュ、不規則な食生活、運動不足、睡眠不足、食品添加物、花粉、といった肉体的なものだけではありません。

職場やプライベートでの人間関係、仕事へのプレッシャー、家族への心配事、将来の不安などの精神的なストレスも大きな原因のひとつとなります。

自律神経は、肉体を活動・緊張させる「交感神経」 と、休息・体の回復させる 「副交感神経」 の2つ働きから成り立っています。

この2つはシーソーのようにバランスよく互いにonとoffを繰り返しており、肉体や内臓などの働きを正常に保っています。

しかし、このonとoffの昨日が過度なストレスにさらされると交感神経だけがonの状態になり続けてしまうのです。

交感神経と副交感神経が同時にonやoffになることはないので、交感神経が長くonの状態が続けば、肉体を活動・緊張させる時間が長くなるので、カラダ全体の筋肉が硬くなりコリや痛みなどの症状を引き起こすようになります。

逆に休息・体の回復させる「副交感神経」の働きが短くなれば、それだけ1日の疲労を回復させる量が減少し、疲労が蓄積していくわけです。

3自律神経の乱れからくる様々な背中の症状

背中の痛みにはさまざまな症状があります。

主に同じ部位の筋肉を使い続けて筋肉疲労を起こした場合の症状は、

・大掃除や重い買い物袋を持った
・庭の草木などの手入れをした
・同じ姿勢をとり続けたいた

などの原因があきらかにあり、実際に負担をかけた背中にコリや痛みなどの症状が出ます。

しかし、自律神経失調症からくる背中の症状にはそのような原因はあまり見当たらず、症状が出るタイミングなどもさまざまです。

具体的にどんな特徴があり、どのような痛みの感じ方が出るのかお伝えします。

・呼吸をすると背中が引きつい、深く呼吸ができなくなる

・眠っている最中でも背中に痛みがあり、何度も夜中に起きてしまう

・夕方になると肩から背中にかけて、重りが乗っているかのような重だるさが出る

・背中がバリバリに硬くなって、背中の筋肉を伸ばしづらい

・痛みが強すぎて、上向きで寝るのがつらい

・眠っていても、背中に痛みが走って目が覚めてしまうことがあり、熟睡できない

・仕事や家事でイライラが溜まると背中がどんどん重くなり、場合によっては頭痛もしてくる

などといった症状が特徴です。

痛みの程度については、個人差があり軽い人から重い人までさまざまです。

「痛み」まではいかなくても、背中硬い感じがする、強く張っている、鉛を背負っているみたいに重たく感じる人は少なくないでしょう。

このように感じている人のほとんどは、自律神経の乱れが原因で起こる背中の痛みかもしれません。

4背中に違和感があるときはどうすればいい?

背中にコリや違和感を感じる場合は『肩甲骨』の動きがあからさまに悪くなっていることが多いです。

肩甲骨の動きが悪くなる原因としてはデスクワーク、PC作業、姿勢が悪い、普段運動をする機会がない、1日の中で決まった動作しかしない、などさまざまあります。

実は肩甲骨という骨は『第二の骨盤』とも言われており、非常に重要な部分になります。

骨盤は肩甲骨周りの筋肉には褐色性細胞と呼ばれる特別な細胞があり、これはエネルギーを効率よく燃焼させる働きがあります。

肩甲骨の動きが悪い人は肥満体型になりやすく、事実肥満体型の人せ肩甲骨の動きが滑らかな人はほとんどいません。

背中のコリや違和感だけではなくダイエットにも効果的なので、ぜひ素敵な肩甲骨を手に入れるために以下のようなことを実践してみてください。

IMG_0810.JPGのサムネイル画像
IMG_0809.JPG

①肩甲骨を上下に動かす
1,1枚目の写真のように両腕を肩の高さまであげてセットします
2,そのまま平泳ぎをするイメージで1枚目の写真のように両腕を上に上げていきましょう
3,この動作を30回~60回の範囲で無理なくできる回数分だけ繰り返し動かしていきます。

このような肩甲骨の運動をするだけでもガチガチに固まった肩甲骨は少しづつ滑らかに可動するようになっていきます。

とくに勉強、デスクワーク、PC作業、家事などで長時間同じ姿勢をしていることが多いときには30分~1時間のあいだに1回やるとかなり効果的です。

ぜひ健康法として取り入れてみてください!

注意点としては動作中に痛みが出る場合は中止し、専門医療機関で一度見てもらいましょう。

葛飾区亀有で自律神経失調症を改善するなら「亀有4丁目整体院」



葛飾区 【自律神経失調症になる子どもが増えている?】

2016年11月30日 [記事URL]

ブログ写真33.png

自律神経の乱れによる体の症状に悩む方は年々増加していますが、なかでも目立つのが子どもの自律神経失調症です。

とくに小学生、中学生、高校生にはこのような症状が見受けられます。

・朝起きられない
・朝礼で立っていると倒れてしまう
・緊張するとお腹が痛くなる
・食べ物の好き嫌いが激しい
・背中が丸まって猫背になっている
・首や肩がガチガチに固まって肩こりがひどい

このなかには起立性調整障害と呼ばれる、低血圧が原因で起きるものもあります。

そもそも、具体的に何が原因で自律神経に乱れを生じる子どもが増えたのでしょうか?

1子どもの自律神経に影響を与える要因

外で元気に走り回り、栄養バランスのいい和食を食べ、パソコン機器がそんなになかった時代と比べると、現代の子どもは自律神経がとても乱れやすい環境に囲まれてしまっている気がします。

1-2運動量が減った

ブログ写真35.png

運動を全くしない子どもは夜眠れなかったり、朝起きるのが苦手な子どもが多く、集中力も低下しやすいそうです。

これは自律神経のうちの『アクセル』の役割をする交感神経の働きが弱まり、『ブレーキ』の役割をする副交感神経の働きが優位になり過ぎるためです。

筋肉を動かすには心拍数を上げて血液の中に含まれる酸素をエネルギーとして供給しなければなりません。そのため運動をして心拍数が上げるのは自律神経に良い影響を与えます。

運動をして筋肉を使う、体温を上昇させる、汗をかくといったことが自律神経を調整させるためにも必要なことなのです。

1-3冷暖房などの設備が整い過ぎている

ブログ写真38.png

日本には四季があり、その夏と冬の温度差はおよそ20℃前後になります。

これだけの温度差がありながらも昔の子どもが元気を維持できたのも自律神経がしっかりと働いていたからです。

しかし、これだけの温度差がありながら今は1年を通しても、自宅、スーパー、電車、オフィス、ビル、カフェなど室内の温度は空調設備によって23℃前後に保たれています。

おかげで、体が温度差に対応しようと自律神経を働かせる機会がグッと減ったのです。

暑ければ汗腺を開き汗を出して体温を下げてくれます。

寒ければ筋肉をブルブルふるわせて体温を上げてくれます。

今はこのような「体温調節機能」を働かせなくても、冷房・暖房が快適な温度にしてくれるので、子どもは自律神経の機能をうまく働かすことが十分に出来なくなってしまっています。

運動をしないと筋肉が落ちるのと同じで、冷暖の刺激が少ないと自律神経の機能が弱まります。

真夏の熱中症や真冬の心筋梗塞などの病気を防ぐために最低限の冷暖房の利用は必要不可欠です。

しかし、子どもの頃から冷暖房に慣れ過ぎてしまうとかえって自律神経が鍛えられずに体調を崩しやすい体になる可能性があります。

対策としては真夏日や寒冷日以外の冷暖房は控えるか温度設定はいつもより2℃~5℃くらい変えてみてください。

あとは暑くても寒くても人は水分が体から抜けてしまうので、しっかりと水分補給をしましょう。目安は子どもで1,5ℓ、大人で2ℓです。

1-4スマートフォンの普及

ブログ写真36.png

私が若い頃はまだそこまで携帯電話が普及していませんでした。しかし今は小学生でもスマートフォンを持ちネット、SNS、Youtubeなどを気軽に利用しています。

スマートフォンを長時間使うと猫背になり首や肩に負担がかかり、首や肩周り筋肉がガチガチに固まってしまいます。

首の周りには自律神経など多くの神経が存在するので自律神経失調症に大きく関係しているのです。

自律神経が乱れると体がダルくなったり、頭痛やめまい、消化器系への影響、睡眠がうまくとれなくなったりします。

親がしっかりとルールを作ってスマートフォンの正しい使い方を教えてあげなくてはいけません。

こちらにスマートフォン利用するときに注意したいことが書かれていますので参考にしてみてください。自律神経失調症の人が注意したいパソコン&スマホの習慣

1-5家族との接触率の低下

ブログ写真37.png

夫婦揃って仕事を持つのが珍しくなくなりました。その結果ご飯を一緒に食べない子どもが増えているようです。

これは親と子どもとの接触がどんどん減ってきてしまっていると言ってもいいでしょう。

子どもとの接触が減れば会話をする機会も減るので、子どものココロの現状が把握しづらくなります。

あなたは自分の子どもに対してどこまで知って理解してあげられていますか?

学校でどんなことがあって、どのような悩みがあって、友達との関係は良好なのか、勉強にはしっかりついていけているのか...

子どもは些細な悩みが原因でも自律神経によくない影響をもたらします。

その結果

・給食中にお腹が痛くなる
・朝礼でよく貧血になる
・体育をやるとすぐ体調が悪くなる
・テストを受けると元気がなくなる
・友達との喧嘩が絶えずいつもイライラしてる

などの問題が発生しやすくなります。

このような症状が出ているとしたら、しっかりと子どもと向き合って話をしっかり聞いてあげることが大事です。

人とは不思議なもので悩みが解決されればコロッと体調も良くなってしまうこと多々あります。

これは夫や妻に対しても同じことです。ぜひ家族みんなで楽しく会話ができる家庭環境を作っていきましょう。

1-6手料理が減り、外食が増えている

ブログ写真34.png

週1の休みの日くらいは家族と一緒に外食に行きたいものです。子どもも普段口にしない食べ物に心躍ることでしょう。

しかし外食中心の食事には要注意です。

多くの料理店では味覚に対して美味しいと勘違いさせてしまう料理が多いです。なので大概は味付けが濃くされてたり油も存分に使用されています。

特に、塩は多く使われているため、高血圧や肥満症など体に様々な影響を及ぼしてしまいます。

『外食は低栄養高カロリー』というのを覚えておいてください。

幼少期の食生活は大人になってからの食生活に大きな影響を与えるので、ぜひ小さい頃から手料理の美味しさというのを教えてあげたいものです。

2最後に

年々アレルギー体質や体の弱い子どもが増加していると言われていますが、その原因は一体なんでしょうか?

はっきりとはわかりませんが、もしかしたら私たち大人が子どもが伸び伸びと育つために必要な環境を与えることができていないからではないでしょうか。

私たち大人が少しでも子どもに対していい環境を与えられるようにもっと努力したほうがいいのかもしれません。

葛飾区亀有で自律神経失調症を改善するなら「亀有4丁目整体院」



葛飾区 自律神経専門の整体院 【副交感神経を活性化させる6つの方法】

2016年11月29日 [記事URL]

ブログ写真26.jpg

「昨日の疲れがとれない」という体の現象は珍しいことではありません。

仕事が忙しかったり、普段使ったいない体を目一杯動かしたなどあれば、よく睡眠を取ったとしても次の日に疲労が持ち越されてしまいます。

しかし通常は2,3日もすれば疲労は取れて体はスッキリするのですが、中には何日、何週間と長引いてしまっている人もいます。

今回はそんな体の悩みを自律神経に関与する副交感神経を利用して解消する方法をいくつかご紹介します。

これだ!と思うものをぜひ参考にやってみてください。

1疲労が蓄積する原因は交換神経に問題あり

自律神経は交換神経と副交換神経にわけられます。

交換神経は車で例えるなら『アクセル』のようなもので朝起きてから夕方までの日常生活活動を活発化させてくれます。

逆に副交感神経は『ブレーキ』のようなもので夕方から次の日の朝までの休息を活発化させて体の疲れを癒してくれます。

疲れが慢性化してなかなかとれない人の中には、この交感神経が強く働きすぎていることが原因の1つと言われています。

1-2交換神経が強く働き過ぎると副交感神経の働きが弱まる

通常はこの2つはうまくバランスが取れていて、両方が同時に活性化したり抑制されることはありません。シーソーのように常にどちらかが優勢になって働いています。

なので、もし体の疲れを癒したい夜の時間帯にアクセルの作用をする交感神経が強く働いていたらどうでしょうか?とうぜん体は寝ていても休まることはありません。

2交感神経が優位になってしま原因

交感神経の働きが強くなり過ぎてしまう主な原因は『ストレス』『体の緊張』などです。

とくに現代社会は仕事のことから家庭内環境、対人関係などなにかとストレスが溜まりやすく、逆に発散させるのが難しい環境でもあります。

交感神経が強く働くと胸がドキドキして脈拍数や血圧が上がり、酸素を確保するために呼吸が荒くなり、全身の筋肉も収縮し緊張しだします。

このように人の体は緊張やストレスを感じると交感神経が活発に働くようになります。

逆を言えば、この溜まったストレスをうまく発散できるようになれば自律神経のアクセルとブレーキのバランスがうまくとれるようになるということです。

3簡単にできる副交感神経の働きを優位にする6つの方法

現代の人はストレスが原因で副交感神経の働きが弱くなっているのが分かりました。今度はどうすれば副交感神経が優位に働くようになるのかお話しします。

通常は適度な運動をしたりお風呂にはいったりしっかり睡眠を取るのが理想ですが、ここでは日常生活の中で簡単にできてスグに効果が期待できるものを紹介します。

ぜひこの中から自分に合うなと思ったものを実践してみて下さい!

3-1指先のツボをマッサージ

ブログ写真28.png

東洋医学では経穴とよばれるツボがあります。ツボは全身におよそ365箇所あるといわれていますが、中でも手には多くのツボが存在します。

ツボを適度に刺激することで交感神経を落ち着かせる効果が期待できます。

IMG_2007.JPG
IMG_2008.JPG

1,写真の赤枠で囲っている指の骨間の筋肉9か所をもう片方の指で軽く揉みましょう
2,次に指先の爪の両外側をもう片方の指で優しく挟みながら揉みましょう。

3-2目の周りを温める

ブログ写真29.png

体を適度に温めることは筋肉の緊張をほぐしリラックスできます。とくにパソコンやスマホで目の疲労が絶えない現代人は、眼の周りの筋肉が緊張しています。

緊張=交感神経が優位なのでこれをほぐさない手はありません。

1,タオルを蒸らして絞り、1~2分レンジで温めます。
2,適度な温度に下がるまでタオルを冷やし目からこめかみまで覆います。

3-3モーツァルトの音楽を聴く

ブログ写真30.png

音楽が好きな方はぜひお持ちのプレイヤーにモーツァルトを入れてください。

モーツァルトの音楽には脳神経が落ち着き副交感神経を活性化させる効果があるといわれて言います。

なかにはテンションの上がる過激な曲を好む方もいるかと思いますが、それはパワーは出るかもしれませんが交感神経が活性化されてしまいます。

もし副交感神経を活性化さえて体の回復力を高めたいのであればモーツァルトの曲はお勧めです!これは音楽療法としても認められているものなのでぜひ何曲か取り入れてみてください。

3-4呼吸を整える

ブログ写真31.png

交感神経が優位になると呼吸は荒くなり、逆に副交感神経が優位になると呼吸は穏やかになります。

とくに吸う動作は交感神経の働きに、吐く動作には副交感神経の働きに大きく関与しています。

この呼吸の特性を利用することで自身の呼吸の仕方によって自律神経をコントロールすることができます。

1,姿勢を正して頭の中をカラッぽの状態にします。
2,姿勢を維持しながら10秒間息を吸い続けると同時に両肩を真上に少しずつ上げていきましょう。
3,今度は吸った息を20秒間吐き続けると同時に上げた両肩をゆっくり下げていきましょう。
4,これは6セットの計3分間行います。

コツはあまり吸い過ぎたり吐き過ぎたりしないように『ゆっくり』行うことです。限界まで吸ったり吐いたりすると酸欠になり顔が赤くなってかえって交感神経を刺激してしまいます。とくに頭がぼーっとなって転倒する危険性があるので注意しましょう。

3-5お腹周りを揉み内臓を温める

ブログ写真32.png

体の各臓器への血液配分は脳=15%、心臓=5%、筋肉=20%、腎臓=20%、肝臓と消化器官=30%、その他=10%となっています。

みてわかる通り体を動かす筋肉よりお腹周りの内臓の方が倍ちかくの血液量を必要としています。

内臓は副交感神経の働きで動いています。なので寝ている時に一番消化作用が活発だったりホルモン分泌が盛んになるんですね。

お腹周りが冷えて血流が悪くなると同時に副交感神経の働きも低下してしまいます。これは全身の冷えにもつながってきます。

そこでオススメなので「お腹周りのマッサージ」です。

1,リラックスした状態で両手をお腹の前に当てます。
2,1cmほどお腹が凹むくらいの軽い力を入れます。
3,そのまま力を抜かずにゆっくりと両手を左右に動かします。

50回から80回くらいを目安にゆっくりお腹をマッサージしていきましょう。お腹が刺激されて内臓の働きが良くなり冷え症や便秘、むくみにも効果が期待できるのでぜひやってみてください。

3-6アロマの香りを用意する

ブログ写真27.png

嗅覚によって感じる香りには無意識に私達の心に働きかけ自律神経に大きな影響を与えます。

香りは自律神経の最高中枢である視床下部に伝わり、副交感神経を活性化させ自律神経のバランスを整えてくれます。

色んな種類のアロマがあると思いますが、自分の好みに従って一番「心地よいと感じる香り」のアロマを選ぶといいでしょう。

逆に、嗅いだ時に「あまり好みの香りではない」と感じる場合はアロマの効果・効能は気にせずに選ばなくても大丈夫です。

最後に

今回の【副交感神経を活性化させる細かい方法】はいかがだったでしょうか?

今すぐ気軽に試せることから、少し準備が必要なものまでありましたが、簡単な工夫をするだけでも弱まった副交感神経を活性化させることができます。

疲れが溜まっているときは休養をしっかり摂ることが重要ですが、日常生活の中でも気晴らし程度にやってみるのもいいかもしれません。

葛飾区 亀有で自律神経失調症を改善するなら「亀有4丁目整体院」



葛飾区 自律神経専門整体院【すべての失敗を恐れないマインドセット】

2016年11月26日 [記事URL]

ブログ写真23.png

こちらの記事は【あなたの不安を消してやる気を出す方法(対人関係編)】を一度ご覧いただくとよりわかりやすくなります。

こんにちは、亀有4丁目整体院の和田です。

『失敗』というのは誰でも不安を感じるものだと思います。

例えば「もし失敗して誰かに迷惑をかけたらどうしよう」「人前で失敗して恥ずかしい思いはしたくない」などと考え出したらたくさん出てきます。

何事においても安定を求める時代ですので間違ってはいませんが、もしあなたが何か新しくチャレンジしてみたいという欲求があるのに思うように行動できずにいるのなら、今回の話はそのお役に立てるのかもしれません。

いまよりも前向きに何事にも挑戦し続け、自分をガンガン磨いて、すべてに対してポジティブな楽しい最高の人生を送れるあなたの手伝いができるでしょう。

ぜひご参考ください!

1不安というお化けは進化する

不安を生み出すお化けというのはどんどん進化してしまいます。

例えば

・新しいことに挑戦→うまくいかなかった→不安→失敗→後悔
・ダイエットに挑戦→思うように痩せなかった→不安→失敗→後悔
・勉強に挑戦→あまり良い結果が出なかった→不安→失敗→後悔

このように『不安』というお化けは最終的には『後悔』というお化けまでに進化してしまいます。

人は後悔すると永遠に自分を攻め続けてしまいます。その結果、自分のエネルギーがどんどん吸い取られてしまい、次第にやる気や元気がなくなり、まるで自分で自分の足に重りをつけたかのような人生を最後まで送ることになってしまいます。

1-2マイナスエネルギーは失敗<後悔

誰もが失敗=恐怖なので新しい物事に直面すると嫌になって逃げたくなってしまいます。できれば安定した平穏な人生を送りたいと誰もが願っています。

しかし、怖いのは『失敗』ではないのです。あなたが本当は「こうしたい」「ああしたい」と思ったことをできなかったことが真の恐怖を作ってしまうのです。

1-3自分が死ぬ間際のイメージ

医療現場で最後を迎える患者に「どんな人生でしたか?」という話を聞くと「満足した」「幸せだった」などの回答に合わせ多くの人がこのようなことを言うそうです。

「もっと自分に素直になって、好きなことをやっていればよかった」

...

人がこの世を去るときに後悔する瞬間というのは、何かを『失敗』したことではなくて、やりたいことをやらなかったことなのです。

ここで今からゆっくりその場で目を閉じて5秒間だけ自分が死ぬ間際をイメージしてください。





あなたは何をイメージしましたか?もしかしたら「○○をしておけばよかった」というイメージが出たのではないでしょうか?

自身の過去に耳を傾けてみてください。

今でも

・「あのときにもっと勉強しておけばよかった」
・「あのときに仲直りしていい関係を築いておけばよかった」
・「あのときもっと健康に気を配って運動をしていればよかった」

このように思うことが1つはあるのではないでしょうか?

もう一度言います。本当に怖いのはチャレンジして『失敗』することではないのです。あなたが本当は「こうしたい」「ああしたい」と思ったことをできなかったことが真の恐怖を作ってしまうのです。

2後悔をなくす唯一の方法

ブログ写真25.png

あなたが後悔をなくして何事にもチャレンジしていきたいと思っているのなら、それを解決する唯一の方法があります。

それは『全力で取り込むこと』です。

自分がやれると思ったことは全身全霊をかけてやってみてください。

ここで注意してほしいのは失敗したときの言い訳として手を抜くことです。あなたが全力でやったフリをして少しでも手を抜いたとすれば、残るのは結局「後悔」だけになってしまいます。

もし全力でやった結果、失敗したとしても大丈夫です。なぜなら全力でやったことは例え失敗に終わったとしても「私はあれだけやったんだ」という自信と勇気という気持ちと経験値が残り『後悔』だけは絶対に残りません。

「あのときやっておけばよかった」ということにはならないのです。

失敗するより全力でやったときのほうが精神的ダメージは遥かに少ないのです。

3全力のマインドセット

ぜひこの言葉を覚えておいてください。

【たとえ失敗したとしても、全力で行いきることができたのならむしろ悔いはなく次の足取りは軽い】
やれることを全力でやったときは、傷はつくかもしれませんが後悔は絶対にすることはありません。また、次の新しくチャレンジするときの足取りは軽く清々しい気持ちで挑むことができます。

【手を抜いて後悔を残すくらいなら、むしろ私は全力で取り組み傷つくほうを選ぶ】
マイナスエネルギーは失敗<後悔です。例え全力でやって傷ついたとしても自信と勇気という気持ちと経験値を手に入れることができます。前よりも格段に自分を成長させることができます。

【傷つくのは一瞬だが、後悔は死ぬまでし続ける】
全力でやって失敗したとしても傷つくのはその場だけです。しかし後悔だけは永遠に付きまとってきます。ぜひ恐れずチャレンジしてみてください。

【人生に全力で取り組み続ける限り、私は死ぬ間際、100点満点の人生だったと笑みをたたえながら逝くことができる】
「あなたの人生はどうでしたか?」と死ぬ間際に聞かれたときに笑顔で自信もって「100点満点だったよ!」と言えるような人生を送るためにも全力で物事に取り組んでください。これは10代、50代、80代からでも遅くありません。

【一生懸命に全力で取り組んだことは、1mm足りとも無駄になることはない。例え失敗に終わったとしても次の一歩は無数に広がり力強く歩み始めることができる】
全力で取り組んだことは必ず自分を成長させます。

「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。」

これは有名なエジソンの名言です。きっと彼はいつも全力で実験に取り組んでいたから以外な発明をし続けたのでしょう。もし彼が失敗をすることに恐れていたり、手を抜いて実験をしていたのなら名は語り継がれなかったはずです。

【コントロールできない世界で私ができる最高の選択肢はただ一つ。私ができることは全力で死ぬ気でやるだけだ】
人は自分以外をコントロールしようとするとフェアな精神が働いて不安やイライラという感情が生まれます【あなたの不安を消してやる気を出す方法(対人関係編)】
周りを気にせず自分の世界の中で全力で物事に取り組んでください。

4お化けを消失させるマインドセット

次のマインドセットを理解し実行することで完全に不安というお化けを消し去ることができます。忘れてしまう人は紙や手帳などに書いておくといいかもしれません!

【フェアの精神をなくし、全力で物事にぶち当たれば不安のお化けは消え消滅する】

【見返りを考えず全力で物事を行えば必ず奇跡は起こる】

5お化けを消失させる具体的な方法

実際にお化けを消す具体的な方法を教えます。

1、まず紙に今抱えている不安をあげてみる
2、自分の弱みを直視して、相手に見返りを求めていないか(フェアな精神が働いていないか)判断してみる(自分以外をコントロールしようとしていないか)。
3、どのような見返りを求めているか全て書き出してみる=自分のお化けの正体を見極める
4、私のお化け=○○だと認識する
5、そのお化けを手放すかどうかを自信で判断する
6、もし5の回答が「はい」なら7に進む。
7、見返り、外部のコントロールを捨てようとすることができたのなら、私はただ全力で行うだけと呟き行動にうつる。

不安という感情はこれでしか消し去ることができないので、常に不安が出たらこの方法をやって解決するように訓練してみてください。はじめはうまくいかなくても何度も繰り返し訓練をすることで本当に自分が変わっていきます。

自分が変われば見えてくる世界も変わって全ての物事がいい方向に進んでいきますので、ぜひチャレンジしてみてください!

葛飾区で自律神経失調症を改善するなら「亀有4丁目整体院」



葛飾区 自律神経専門の整体院【あなたの不安を消してやる気を出す方法(対人関係編)】

2016年11月24日 [記事URL]

ブログ写真20.png

こんにちは、亀有4丁目整体院の和田です。

不安というものは一言でいっても人によって『何に』対して感じているかによって悩みやさまざまです。

そこで今回は親、子ども、兄弟、親友、職場の同僚や恋人に至るまでの「人との関わりに対しての不安」を解消させる、とっておきの方法を紹介していきます。

これを理解し実行することであなたは今後、誰かに対して不安を感じることなく、誰とでも気持ちのよい対人関係を築くことができるようになるので、何に対してもやる気がどんどん出るようにります。

少し変わったお話になりますが、ぜひ最後まで読み進めて頂ければなと思います。

1あなたのやる気と元気を奪う「お化け」の存在

「お化け」というのは誰でも知っているかと思いますが、ここでお話していく「お化け」は皆さんがイメージするものではありません。

ではどんな「お化け」かというと、私たちの『やる気や元気を吸い取ってしまう』お化けということです。

実は多くの人は知らずにこのお化けを抱えながら暮らしているんですね。そのお化けが出てくるたびに私たちはエネルギーを奪われてしまっています。

なのでどんなに頑張って自身のエネルギーを高め、やる気を出そうとしてもお化けの正体を知らずに生活している限り知らぬ間にエネルギーが吸い取られ続けて、いつまでも私たちのやる気や元気を出させなくさせています。

1-2お化けは誰が作っているのか?

お化けというのはじつは自分で作ってしまっています。しかも、お化けというのはどんどん膨らんで成長していくのでマイナスなエネルギーがたくさん作られてしまいます。この状態が続く限り永遠に自分のエネルギーが下がった状態で生活していかないといけなくなってしまうので、重症になるとまるで生きた亡霊のように元気もやる気も起きない生活を送るようになってしまいます。

いつまでも永遠にお化けが付きまとって来ないようにするために、なぜお化けが出てくるのか自身でしっかりと理解しておくことが重要になってきます。

1-3お化けの正体とは?

お化けの正体とは『不安』です。

この不安という感情が私たちのエネルギーを吸い取っていきます。

1-4不安という感情が起こる瞬間

『不安』という感情が起きる瞬間というのは「自身でコントロールできないものを無理やりコントロールしようとしたとき」です。

では自身でコントロールできないものというのは一体なにか?

それは自分以外のことです。

例えば恋愛であれば相手に連絡を取るためにメールなどをしますよね。

そのときに自分だけ相手にたくさんメールを送ったり、長い文字を綴って思いをぶつけたり、プレゼントをしたりするとします。

すると、

・たくさんメールを送ったから、たくさんメールがもらえる
・長い文字を打ったから長い文字で返してくれる
・プレゼントをあげたんだから自分も貰える

という感情が必ず生まれてしまいます。

もしメールが来なかったらその間はずっと不安になるでしょう。そっけなく短い文章で返されたらイライラしてしまうでしょう。プレゼントを返してもらえなかったらモヤモヤとするでしょう。この感情がお化けなのです。

なぜこのような感情が生まれるかというと先ほど言ったように「コントロールできないものをコントロールしようと無意識のレベルでしている」からです。

ここで覚えて欲しい言葉があります。

『自分以外をコントロールしようとしているときに人はフェアな精神が働いてしまう』

要は、人は「何かをしてあげたら何かをしてもらえるはずだ」あるいは「私にしてもらって当然だ」という気持ちが心理的に出るようになっています。

しかしそれが叶わなかった場合に不安になったり、イライラしたり、モヤモヤした気持ちが出てしまうのです。

この概念を知らない限り、いつまでも対人関係に対してマイナスな感情が生まれ、やる気や元気というエネルギーが失われてしまうのです。

2どうすればお化けは出てこなくなるのか?

人は見返りを求めた瞬間にお化けが私たちの前に現れてエネルギーを奪っていくのですが、それを防ぐ唯一の方法があります。

それは、『無償の愛』を手に入れるということです。

どういう事かと言うと、常に相手に見返りを求めないようにするということです。

上記の恋愛の例で言うなら、メールの返信が少なくても、文字が短くても、プレゼントを貰えなかったとしても全て見返りを求めず無償の愛で行動をしてほしいのです。

もしここで見返りを求めてメールを送ったとしたらどうでしょうか?

「いつ返信されるのかなぁ、まだかなぁ、遅いなぁ、私のこと好きじゃないのかなぁ、他の誰かと一緒にいるのかなぁ」という気持ちが出て不安やイライラという感情が生まれてしまいます。

『無償の愛を手に入れたときに不安というお化けが私の前から消え去る』

ぜひ、この言葉を覚えてほしいです。

常に見返りを求めず行動して人と接することができれば不安とは無縁の生活遅れるようになります。

あなたは日常生活のなかで

・子どもに対して世話をしているのだから親の言うことを聞いてほしい...
・仕事をしているのだから家や子育ては全てやってくれよ...
・毎日頑張って料理作っているのだからちゃんと美味しいと言って...

このような見返りを無意識のうちに求めていませんか?

もし求めていたとしたら少なからずお化けが出現してあなたのエネルギーを吸い取り、やる気や元気を奪っていくでしょう。

そうならないためにも無償の愛を手に入れ不安やイライラという感情とさよならしてあげて下さい。

100%実行できなくても大丈夫です。不安やイライラを正体を知っている限り今よりもずっと気持ちが楽になる筈です。

どうしても見返りを求めてしまうようでしたら自分の思っていること、感情を相手にしっかりと伝えることが大事です。

3あなたの不安を見つけ出しお化けを消す訓練

ブログ写真22.png
①まずあなたの不安を紙にできる限り書き出してみてください。

②それを見つけ出したらつぎに自分の弱みを直視してその不安に対して見返りを求めていないかしっかり考えて判断してみてください。

もし無意識のうちに見返りを求めていたのなら、最初は1つだけでもいいので見返りを求めず無償の愛で行動するようにしてあげましょう。

お子さんでも妻や夫、会社の同僚や友人、恋人でも誰でも大丈夫です。

最初はうまくいかなくても少しずつ訓練してしていけばあなたのお化けは完全に消し去ることができます。ぜひやってみてください。

4最後に

ブログ写真21.png
今回の【あなたの不安を消してやる気を出す方法(対人関係編)】はいかがだったでしょうか?少し難しかったりよくわからなかったと感じる方もいるかもしれませんが、今後のあなたの人生に少しでも良い影響を与えることができればといいな思います。

私自身もこの概念を知らないときは相手から連絡が来ない、自分もしてもらいたい、これだけ勉強したからいい結果が出て当然だという見返りばかりを求めては、答えや結果が出るまで嫌なイメージが頭によぎり常に不安やイライラという感情が無意識に生まれて自信とやる気を失っていました。

しかし昔と比べ今の私はこの概念に基づいて行動をしているので必要以上に不安を抱えることなく、やる気のあるエネルギッシュな毎日を送りながら患者さまと対応させて頂いています。

あなたの悩みが1つでも解消できればと心から思います。

葛飾区 自律神経失調症を改善するなら「亀有4丁目整体院」



葛飾区 自律神経失調症の効果的な食材

2016年11月14日 [記事URL]

ブログ写真9.png

こんにちは、亀有4丁目整体院の和田です。

自律神経に不調を訴える方の背後には乱れた食生活が隠れていることが多いです。

食に関心を持たずに外食やコンビニ弁当で済ませている人もいれば、テレビやネットの新しい健康情報をいち早く実践してしまうほど興味がある人などそれぞれだいると思いますが、あなたはどうでしょうか?

人の体は口から入れた食べ物のみで構成されていると言っても過言ではないでしょう。

2,3週間かたよった食生活を続けていれば「少し胃腸の調子が良くないかな」程度で済むかもしれません。しかし半年、1年、10年と続いた場合はどうでしょうか。当然、万病のもとになるわけです。

規則正しい食生活は体の働きをリズムよく整え自律神経の働きもおのずと調整してくれます。

今回は自律神経失調症によく見られるイライラ感、意識がぼーっとする、めまい、不眠症などの個々の症状に合わせた効果的な食材はわかりやすく紹介していきたいと思います。

1自律神経の症状別に効く食材

1-2イライラがある

ブログ写真10.png

昔から「イライラするとカルシウムが足りない」と言われています。あれは血中のカルシウム濃度が脳細胞や神経細胞の働きに関係していて、血中カルシウム濃度が低下するとうつ病や情緒不安定になりやすくなるためそう言われていたらしいです。

実際はカルシウムが不足してイライラすることはありません。ただカルシウムには筋肉の働きに関わり、脳細胞の興奮を鎮める効果もあると言われているので不足しすぎるのもよくないということですね。

ヨーグルト
ストレスが溜まると胃や腸といった内臓にダメージが出ます。内臓が弱まると老廃物の排出やうまくいかなくなったり、悪玉菌などの有害物質が血流低下により体内に蓄積する場合があります。

この老廃物や悪玉菌が体にとってストレスとなるのでヨーグルトを摂取することで内臓の働きを補えることができます。

レモン
レモンに含まれているビタミンにストレスを緩和する効果があります。1日レモン半分を絞って水でうすめて飲むといいでしょう。タイミングは朝一番に飲むとレモン独特の甘酸っぱさにより目も覚めるのでオススメです。

クルミ
クルミに含まれている「トリプトファン」にはセロトニンを作る材料になります。セロトニンは別名幸せホルモンと呼ばれていてストレスを緩和させる効果があります。またセロトニンは睡眠のバランスを調整する働きもあるのでストレス解消だけではなく不眠症などにも役立ちます。

1-2めまいがする

ブログ写真11.png

めまいには脳や神経に異常からくるものや、ストレスによって自律神経が乱れ発症するものなどさまざまな原因があります。なかでも過食はめまいの大きな原因の1つとされています。必要異常に物を過ぎると内蔵の働きが過剰になり自律神経のバランスが乱れてしまうからです。人の体にとって理想的なのは、少ない食事量でしっかり吸収することなのです

ほうれんそう、小松菜
鉄分が不足からくる鉄欠乏性貧血などは女性に多いめまいになります。この場合は赤血球の生成に必要ビタミンB12と葉酸を一緒に取ると効果的です。

ほうれんそうに鉄分が豊富なのは有名だと思いますが実は小松菜のほうがおよそ1,5倍近く含まれています。しかし葉酸に関してはほうれんそうのほうが2倍含まれているのでどちらも取るといいでしょう。

ごま、アーモンド、海藻類、牡蠣、レバー
ストレスからめまいにはマグネシウムや亜鉛がストレス軽減に役立ちます。ごまやアーモンド、ひじきやわかめなどの海藻類にはマグネシウムが豊富に含まれています。牡蠣やレバーまたは牛肉などには亜鉛が含まれているのでどちらもバランスよく食べることができれば効果的です。

1-3動悸やカラダのほてり

ブログ写真12.png

女性は体の特徴としてホルモンバランスが乱れやすい傾向があります。とくに更年期にさしかかるとカラダが火照りやすくなったり胸がドキドキしやすくなったりします。その場合はホルモンバランスを整えるため、大豆製品に含まれているイソフラボンを摂取するといいでしょう。

豆腐、納豆、豆乳、おから、湯葉、もやし、枝豆
大豆にはイソフラボンが含まれているだけではなく高タンパク質低カロリーなのでとても体に良い食材の1つです。大豆で作られている食品はたくさんあるので、朝昼晩でどれか一品ずつ摂取できればいいですね。

ほうじ茶、ミント茶、西洋人参茶、緑茶
これらのお茶には体をクールダウンさせる効果があります。日頃からコーヒーや清涼飲料水などを多飲されている人は自律神経が乱れやすくなるのでお茶に変更してみるといいかもしれません。

1-4体が冷える

ブログ写真13.png

冷え性は女性の天敵です。夏場は冷房で背中や肩が冷え、夏は手足がキンキンになってしまうという人もいるでしょう。冷え性は肩こりや頭痛、胃腸の働きが低下し腹痛や便秘などの原因にもなります。ぜひ体が内側から温まる食材を食べて冷え性を良くしていきましょう。

ショウガ
しょうがには体を温める発汗作用があります。また筋肉血管や内臓のまでも働きが活性化されるので新陳代謝が上がるので血の巡りも良くなります。

紅茶
お茶には「緑茶、ウーロン茶、紅茶」などがありますが、その違いはどれだけ茶葉を発酵させたなんです。この発酵度合いが高ければ高いほど、体を温める作用が増すと言われており、この中でも紅茶が一番発酵度が高いため昔から紅茶を飲むと体がポカポカするんですね。

1-5やる気がでない、意識がぼーとする

ブログ写真14.png

気力が出ないと頭がうまく働かず体を動かすのも面倒になってしまいますよね。とくに休日なんかは起床したら昼間を過ぎていて、ダラダラ過ごしたらあっという間に1日が終わってしまったということもあると思います。ここでは頭がぼーっとなりやすい食材と頭を活性化させる食材について紹介します。

炭水化物を一度に食べ過ぎないようにする
頭がボーッとなりすぎてしまう原因の1つとして上げられるのは過剰な糖質の摂取です。よく疲れたときには甘いものを食べて糖分を補給すればいいと言われていますが、それ自体は間違っていません。

血糖値が低くなりすぎて低血糖になると頭や体がうまく働かなくなってしまうのでそういう人は糖分を補給するといいでしょう。

ただ日頃から炭水化物や甘い食べ物ばかりを中心に食べていると急激に血糖値が上がってしまいます。血糖値が急に上がるとそれを下げようとインスリンが大量に出て、今度は血糖値が急に下がって低血糖状態になってしまいます。

人は低血糖になると空腹感、集中力の散漫、眠気などに襲われます。わかりやすい例として昼間に丼ものなどの炭水化物をバクバク食べてしまうと午後に眠くなってしまうのと同じですね。

もし上記のような症状が出やすい人は炭水化物の摂取量に気を使うといいでしょう。

ブルーベリー、ブラックベリー、いちご、くわの実
ベリー類には抗酸化物質が強いアントシアニンが豊富に含まれています。特にブルーベリーは記憶力の改善に優れており、脳のバランス調整機能も改善する効果もあります。

たまご(鶏卵)
たまごには脳の細胞膜のコンティションを維持する脂質源が多く含まれています。他にはアドカドや青魚にも含まれています。

1-6よく眠れない

ブログ写真15.png

不眠症の原因の1つは交換神経が夜になっても静まらないことがあげられますが、もっと重要なことはメラトニンという体内時計に関与するホルモンの調整です。

メラトニンは脳内でセロトニンから生成されるのですが、その材料となるアミノ酸のトリプトファンを積極的に取ることで寝付きや寝起きがよくなることがあります。

バナナ
バナナには、セロトニンの材料となるアミノ酸・トリプトファンが豊富に含まれています。また、トリプトファンからセロトニンを合成する際に必要になるビタミンB6もバナナには含まれているのです。

ピーナッツ
ピーナッツに含まれているマグネシウムには神経の鎮静作用があると言われています。交換神経が過敏の方にはオススメです。

炭水化物を夜に取る
上記で炭水化物の過剰摂取は眠気を誘ったりする、と紹介しました。この作用を夜の睡眠時に利用するというものです。夜に多く食べる、というよりかは、朝昼は炭水化物をできるだけ避けて、夜に食べるようにするというものです。
これは下手な睡眠薬より効果が期待できる場合があるので個人的にオススメします。

1-7汗をかきやすい

ブログ写真16.png

汗を多く出やすくなる体質のことを多汗症といいますが、交換神経が優位な人に多く見れます。まずは働きが弱まってしまった副交感神経を活性化させて交換神経と副交感神経のバランスを取るようにしましょう。

トマト、ナス、ゴーヤ
これらは体を冷やしやすい作用を持った野菜です。体内の余分な熱を逃してくれるカリウムが多く含まれているので、体内に熱がこもらない手助けをしてくれます。他にもレタス、キャベツ、きゅうり、こんにゃく、梨、スイカ、柿、バナナ、オレンジ、りんごなどたくさんあります。

アボカド、もやし、大葉
アボカド、もやし、大葉には女性ホルモンの内のエストロゲンと呼ばれるホルモンに似た作用をする「植物性エストロゲン」を多く含んでいます。これらは自律神経を整える作用がある上に食物繊維も豊富に含まれているので女性にはうれしい食べ物ですね。

2まとめ

ブログ写真17.png

いかがだったでしょうか。いろいろと多くの食材がありどれを選べばいいか迷ってしまうかもしれませんが、自分が症状に合わせてうまく選んでみてください。

いくつか複合している場合は一番つらいと感じる症状に合わせて選ぶといいでしょう。

自律神経失調症はもちろん、すべての体の不調は心身ともに健康でなければ改善されません。食生活にも自信があるという方でもぜひ一度見直してみてください。意外に、と思った食材が自分に合ったりと面白い発見ができるかもしれません。

それではまた。

葛飾区で自律神経失調症を改善するなら「亀有4丁目整体院」




葛飾区 自律神経に優しい睡眠方法

2016年11月14日 [記事URL]

ブログ写真6.png

夜の寝つきが悪い...
夜中に何度も起きてしまう...
朝起きるのが苦手だ...

誰もが一度は経験したことがあることだと思います。

たまにならあまり気にしないでしょうが、自律神経失調症やうつ病、更年期障害がある人にとっては毎日このような悩みを抱えながら日々を過ごさなくてはならなくなったりするので、とても深刻な問題になります。

人は人生の1/3は睡眠に時間を費やしています。『睡眠』といのはこれほど膨大な時間が必要になるほど、健康な体を作っていくことに対して大事なことなんですね。

今回はそんな大切な時間を気持ちよく過ごせるようにするため、ぐっすり眠りにつくことができる睡眠方法や環境の整え方、朝起きたときに実践した方がいいことなどをいろいろと紹介していきたいと思います。

1しっかりと夜に睡眠を取るコツ

私たちは布団の中はもちろんの事、電車の中、バスの中、仕事場、コタツ、色んなところで睡眠はとれます。

でも、しっかりと寝具に"横になって寝る"ことが必要になるんですね。

なぜなら睡眠は、外の情報をシャットアウトして脳内を整理整頓し、横たえることによって体を重力から開放して、筋肉や内臓を、疲労から回復・修復させるために欠かせない時間だからです。

1-2最適な睡眠時間と寝るタイミング

ブログ写真7.png

現代の日本人の睡眠時間は年代別でみるとこのようになっています。

20歳代⇒7時間16分
30歳代⇒6時間57分
40歳代⇒6時間59分
50歳代⇒7時間07分

おおよそ7時間前後といったところですね。

これが長いか短いかは人によって感じ方が違いと思いますが、正直私はとても短いと感じています。私は最低『8時間』はしっかりと睡眠を取るべきだと考えます。

ある実験ではで6時間しか睡眠を取れていない人の脳の状態が、2日寝ていない人と同じ状態であることが判明しています。私も6時間しか眠れなかった次の日の体の状態は最悪で、一日中眠気に襲われ何もやる気が起きなくなってしまいます。

たまにこのような話をすると「先生、それは大げさですよ!私は6時間でも平気ですよ!」と自慢する人がいるのですがそのような人たちを見ると

・人の話を聞かず注意力が散漫している
・心に余裕がない
・落ち着きがない
・いつもにカリカリしている
・すぐにカッとなりやすい
・お腹がポッコリ出ている
・目がギラギラしている
・肌の質があまりよくない

このような特徴を感じられます。

どういうことかというと、常に交換神経が高まって本人でも気がつかないレベルで軽い興奮状態が当たり前になっているということです。その結果、落ち着き感がなかったり注意力が散漫していたりするのです。

実はこの「本人でも気がつかないレベルで」というのが結構怖いのです。

人の体はどんなに過酷な状態にさらされてもいずれはその環境になんとか対応しようとする力があります。

これがもし「ストレス」に対応してしまえばどうなるかは想像できると思います。常にオアシスでゆっくり過ごしているかのような精神状態と、砂漠のど真ん中で汗を滝のように流しながら過ごしているかのような精神状態では、どちらの方が体のとって良い環境であるかは一目瞭然です。

できるだけ8時間は睡眠時間を取れるように調整しましょう。

ちなみに海外は平均睡眠時間はこうなっています。

ドイツ8時間8分
イタリア8時間14分
アメリカ8時間29分
スペイン8時間30分

ほとんどの国が8時間を超えています。できるならこれくらいまで睡眠時間を伸ばしたいものです。

次は寝るタイミングです。

1日の体の疲れを一番効率よく修復してくれる「ゴールデンタイム」について聞いたことがあるかと思います。これは夜22時~深夜2時の4時間の間の睡眠を取ると成長ホルモンが一番出やすくなる、というものです。

成長ホルモンとは体の組織の成長や代謝(筋肉や肌、組織の修復・再生、脳の疲労回復、病気への抵抗力など)をコントロールする働きがあります。

子どもの成長にしか必要なさそうなイメージがあるかもしれませんが、大人の我々にとっても疲労した肉体を回復させるために非常に大切なホルモンになります。

実はこれまで成長ホルモンによる新陳代謝がもっとも活発に行われる時間は、夜22時〜深夜2時と考えられてきました。ただ最近では少し説が変わってきているようです。

それは時間帯(22時~2時)によって成長ホルモンがでやすくなるのではなく、入眠3~4時間後に成長ホルモンが分泌されやすくなるという説です。

実際、入眠から3〜4時間の間、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されることが分かっており、重要なのは寝付いてから3〜4時間の間にしっかり質の良い熟睡ができているかどうかなのです。

つまりいくらゴールデンタイムの時間内に睡眠が取れたとしても、質が悪ければ元もこうもないというわけですね。

ただ、そうはいっても睡眠時間は8時間は必要になってきます。仮に夜中の12時に寝たとしたら朝の8時まで寝ていなくはならない計算です。現代の社会で仕事をしていればなかなか8時まで寝ていられることが少ないと思います。そう考えると結局は夜中の12時前、少なくても11時には寝たほうが良いということになります。

2質のいい睡眠を得る6つのポイント

ブログ写真8.png

必要な睡眠時間とタイミングはわかったかと思います。次はどうすればグッスリと朝まで寝ることができるようになるかいくつかポイントを紹介していきますね。

①外部のストレスを家に持ち込まない
仕事や人間関係などの外部ストレスはなるべく家の中まで持ち込まないようにしましょう。家の中でもイライラしていると自律神経がゆっくりできる時間がなくなってしまいます。

音楽が好きな人ならクラシックなどを聞きながらゆっくりしたり、本や漫画を読む、趣味に没頭するのもいいでしょう。ただ注意点としてはできるだけ後を引かないようにしましょう。趣味に没頭するあまり夜遅くまで起きていたら睡眠時間が取れなくなってしまいますからね。

家の中はリラックスできる最高の場所にしましょう!

②質の良いパジャマを用意しよう
寝る前にパジャマに着替えるという行為は寝る前の儀式に似ています。日常生活の中でしないような格好をすることで「寝るぞ!」という気持ちになれるからです。

そんなパジャマですが選び方がありますのでいくつか参考にしてみてください。

サイズはゆったりめにする
ズボンのゴムがお腹に跡が残らないもの
素材はサラサラ&なめらかもの

カラダを締め付けると肌ストレスを感じ交換神経を刺激して眠りが浅くなります。子どもの実験で、肌ストレスを感じる服装とそうではない服装で集中力の違いを試してみたところ、肌ストレスが多く感じる服装をしていた子どもの方が集中力が散漫になったという結果が出たそうです。

なるべくゆったりめのパジャマを着て肌ストレスを減らしましょう。

素材も肌ストレスが感じにくいものがいいです。シルクの素材を使ったものは肌ストレスを感じにくく軽い素材なのでパジャマとしてはベストな素材と言えるでしょう。スウェットやジャージは悪くはありませんが、シルクと比べると表面がザラザラしていたり、重かったりするので寝るときはなるべく使用しない方がいいです。

③間接照明を使い、眠りやすい環境を作る
家の中の電球とは結構明るいものです。強い照明は光の刺激によって交換神経を刺激してしまいます。最近の電気は明るさを調整できるタイプのものが増えているので、もし可能なら夜は昼間より少しだけ暗めにした方がいいでしょう。

あとは寝る前の寝室では間接照明を使うようにするといいでしょう。間接照明の光はリラックスできるので副交感神経が活性化して気持ちを落ち着かせる効果があります。

もし軽く本が読みたかったらスタンドなどを使用してゆっくり夜を過ごすのもいいですね。電球は白い光ではなくオレンジの光のタイプの電球を利用しましょう。

④お風呂はお湯の温度と入浴時間が大事
最近はシャワーだけで済ませてしまう人も多いかと思いますが、入浴の仕方ひとつで自律神経を整えことができます。

しかし間違った入浴の仕方をすると余計に交換神経が興奮して寝つきにくくなったり、逆にカラダが疲れて朝の目覚めが重くなったりする場合もあるので注意しましょう。

お風呂はしっかりと湯に浸かることで筋肉が重力から開放され血流も促進されるので筋肉の疲労回復の効果もあります。また適切な温度で入ることによりカラダとココロをリラックスさせ副交感神経が活性化されます。

入浴中に大切なことは『温度』と『時間』です。温度は高すぎても低すぎても交換神経を刺激してしまい、時間も長くても短くてもカラダが癒されません。では具体的にどのくらいの温度と時間がいいかというと、

温度は38℃~40℃
入浴時間は10分~15分

これが理想的だと言われています。

よく熱いお風呂が好きな方がいますが交換神経がガンガン活性化してしまうため、いざ寝る体勢に入ってもカラダと気分が落ち着かず「寝つき」が悪くなってしまいます。

また「カラダが芯まで温まるから」という理由で長時間入浴される方もいますがこれもあまりよくありません。はじめは38℃でも温かく感じたお湯は数分経つとすぐに慣れてぬるく感じますよね?ここで少し温度を上げるのですがまた時間が経つとぬるく感じるようになります。

これはなぜかというとお湯から奪って温まった体熱が温度に慣れることで逆にお湯に体温を奪われるようになるからです。体熱が奪われればそれだけ疲労が溜まってしまうというわけです。

体に疲れが溜まっているときは短めに、元気なときは少し長めにお風呂に入るという調整をしてみてください。

⑤寝る2時間前にはパソコンとスマホを封印する
自律神経失調症の人が実行するスマホ習慣とは?でも紹介していますが、寝る2時間前にはパソコンとスマホの利用は交換神経を活性化し寝つきが悪くなったり夜中に目が覚めてしまったりする原因になるので注意しましょう。

最近の実験ではメール1通のやり取りがコーヒー2杯分の覚醒と同じ効果をもつとも言われています。当院の患者でもこれを守っただけでも7割近くの不眠症患者の状態が改善できています。ぜひ習慣に取り入れてみてください。

⑥光と騒音を遮断する
人間のまぶたには光を感じるセンサーがあり、真っ暗になると脳が休まり光を感じると段々起きるようにできています。まだ家族が起きていて隣の部屋から光が入り込んでいたり、外灯の光が窓から差し込んでいたりするのであればカーテンなどを使って完全に光を遮断できるようにしましょう。

もし難しい場合はアイマスクを使いましょう。私は毎日使っているのでオススメです。もし毎日使って汚れが気になるという方はティッシュを半分に折ってアイマスクと目の間に入れてあげましょう。衛生的にもいいですよ!

音に関してはなるべく無音の状態が好ましいです。もし家族がまだ起きていたり隣の住民の音が少しでも気になるようでしたら耳栓を使いましょう。はじめは慣れないかもしれませんが慣れれば音を気にせずリラックスして眠ることができます。

耳栓は薬局で簡単に手に入るので騒音が気になる方はぜひやってみてください。

寝る前に自律神経を整える音楽を聴いているという方は、寝る準備の段階で部屋を間接照明にして音楽を聞き、完全に寝る体勢に入ったら照明と共に音楽を消すといいでしょう。

2院長の和田が最も気をつけているポイント

いかがだったでしょうか?意外と気がつかずに自ら自律神経によくないことをしたいたものがあったかもしれません。もし1つでも実際に行動してやってみれば必ず良い結果が得られると思うので、できそうな事からどんどんチャレンジしてみてください。

ちなみに私が睡眠時に最も気を使っているポイントがいくつかあるのでそれか簡単に紹介して今回の話は終わりにしたいと思います。

①中途半端に仕事や家事を残しておかない
仕事や家事などを中途半端に残すと寝ている最中に考え事をしてしまいます。

・「明日でいいや。でも明日で間に合うかなぁ...」
・「洗濯は明日しよう。でも明日の天気は曇りのうち雨だったなぁ...」
・「約束を伝えないといけないけど明日言おう。でも明日忘れないかなぁ...」

寝つきが悪い人は考え事をし過ぎている傾向が強いです。私は計画を立てて行動しているので寝るときには頭の中の整理は終わっておりカラッポの状態です。

あなたも頭の中をカラッポにした状態で布団の中に入れるようにしましょう。

②可能な範囲で自分のために行動をする
家族や友人のために何かをする、ということはとても素晴らしいことです。しかしいつでもどこでも相手に合わせては自分が疲れてしまいます。

・「お父さんより早く寝るのは申し訳ないなぁ...」
・「明日も家族のお弁当を作らないと...」
・「まだ家事やってくれてるし、もう少し起きてるか...」

周りに合わせすぎる人は自分の言いたいことをうまく伝えられずに気持ちがモヤモヤorイライラしている傾向が強いです。やることがなければ早く寝て明日も元気に家族のために働きましょう。お弁当も週に1日くらい外食してもらってもいいんです。

私も自分の健康を第一に行動することを心がけています。幸せではない人が相手に幸せを与えることができないのと同じように、健康でない人が相手に健康を与えることはできません。

そういった意味でもまずは自分を大切にすることからはじめていきましょう!

③気持ちよく眠れる環境と自分だけの相棒を見つける
上記で紹介したようにできる限り環境を整えてください。真夏は冷房を利用したり真冬は体が冷えないようにしています。布団もあまり安すぎるものは使っていません。枕も10種類くらい試して自分が気に入ったものを使っています。もちろんアイマスクと耳栓は私の相棒です。

なかには「このアイマスクは合わない...耳栓はあまり好きではない...」という方もいますが、すぐに諦めずに自分に合うアイマスクやこの耳栓なら平気だと思える商品をいくつも試してみてください。いろんな情報があるので商品を選ぶのは迷うかもしれませんが、実際に使ってみないことには真実はわかりません。

ぜひ選んだり使ったりすることも楽しみながら自分にあった相棒が見つてあげてください。いい相棒が見つかれば必ず良い味方になってくれますよ!

葛飾区で自律神経失調症を改善するなら『亀有4丁目整体院』



葛飾区 心療内科と精神科の違いって?

2016年11月07日 [記事URL]

ブログ写真3.png

こんにちは、亀有4丁目整体院の和田です。

当院ではよく『心療内科』と『精神科』の違いについて聞かれることがあります。

確かにどちらも内面的なココロに関係する病院というイメージがあるので、どのような違いがあるのかまでははっきり分かからない部分が多いかと思います。

「名前は違うから取り扱う病気も違うのかな?私の症状はどちらが取り扱っているのかな?」という不安はあると思います。

私も過去にお世話になったことがあるので、そのときのお話も踏まえて今回はこの2つの主な違いについてお話していきますね。

1『心療内科』と『精神科』の違いとは?

この2つの違いを一言で表すとしたら「心身症」であるか、そうでないかということです。

1-2心身症とは?

ブログ写真4.png

心身症とは心理的社会ストレスの影響によって体調を崩した結果、カラダにさまざまな症状が出ることを言います。

例えば、

ストレスが原因で胃潰瘍になってしまった...
ストレスが原因で喘息が悪化してしまう...
ストレスが原因で高血圧になる...
上司からのプレッシャーで頭痛が頻繁にでる...
試験のプレッシャーが原因で下痢になってしまう...

などがあげられます。

これらの主に『ストレス』という精神的なものが原因であるため、一見精神科のようなメンタル的な治療が中心になってくるかと思います。

しかし、実際に表れている症状は、交換神経の興奮による頭痛や高血圧、胃腸の機能低下による胃潰瘍や過敏性大腸炎だったりします。

心に原因があったとしてもMRI画像検査や血液検査などの検査値で異常を確認できるものも多く、これらは心療内科医が専門になります。

心の問題+内科の問題、ということになるので症状に合わせて薬などで治療をしながら、必要であればカウンセリングも用いて問題を解決する場合が多いです。

1-3精神科とは?

ブログ写真5.png

精神科とは名前のとおり精神症状が目立つ心の病気を扱うところです。

もう少しわかりやすく言うとうつ病に近いような精神的症状が出るようになります。

例えば不安、抑うつ、不眠、イライラ、幻覚、幻聴、妄想などです。うつや統合失調症などが多いですが、不眠症なども入ります。

精神的症状がでる原因としては

ストレス(心理的要因)
生活環境や社会ストレスの影響(家族・社会環境要因)
遺伝による体質的な問題、事故や大怪我による病的な変化(生物学的要因)

などがあります。

これは心身症と似たように体に疾患を伴う場合もありますが、基本的に上記であげた症状がメインであれば精神科ということになります。

主な治療方は精神安定剤などの服薬とカウンセリングを合わせて治療を進めていくことが多いです。

2病院を選ぶコツ

心療内科と精神科の違いはわかったかと思います。
それでも、いざ行こうとして近辺の病院を調べてみると

「○○心療内科」
「○○精神科」
「心理カウンセリング」
「メンタルヘルス」

などさまざまな名前で表記されて混乱してしまうかと思います。これらも合わせてもう少し細かく違いなどを見ていきましょう。

呼び方は違うけど、どこも大きな違いはない

もともと「精神科」という呼び方はあまりイメージの良いものではありませんでした。昔ならば近所や村では差別的に見られる、なんてことは決して0ではなかったかと思います。

行きたいけど行きづらい...この問題を解決するために現在では精神科であっても「心療内科」「メンタルヘルス」「○○クリニック」と呼ぶところが多くなったみたいです。

では行ってみないと分からない?

答えは半分イエスで半分ノーになります。

半分がイエスというのは、精神科の専門医であっても心療内科をほとんど知らない。逆に、心療内科の専門医であっても精神科の研修を受けていない医師もいるということです。

医師免許を持っていればどれでも専門医になることは可能なので、極端に言ってしまえば昨日まで眼科専門医だった人が次の日には耳鼻科専門医などになっても特に問題がないということです。1つ問題があるとするならば専門的な知識の有無や経験の差などでしょうか。

半分がノーというのは、心療内科は基本的に内科医であるという認識を持てば、ある程度目的に沿って選択することができるということです。

心療内科は心療内科医でありながら、風邪や高血圧、糖尿病といった一般内科的な病気をプライマリケア(総合医)のレベルで診ることができない、ということは考えられません。消化器内科医といっても一般内科的な疾患を診ることができ、その上に専門の消化器をやっているのと同じというわけです。

つまり、先ほどお話した通り、ストレスが原因で胃潰瘍になってしまった、過敏性大腸炎になってしまった、持病の喘息が悪化した、頭痛が...などの場合は「○○心療内科」をとりあえず先に選んで行ってみると良いというわけです。

それでもし、カウンセリングやメンタルケアをして心の悩みや問題を解消したいとあれば「○○精神科」「○○メンタルヘルス」「心理カウンセラー」などを選ぶといいでしょう。

どうですか?こうのように考えるとあまり頭の中がゴチャゴチャしないですむと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

私が精神科に通った経験談

私は高校時代に自律神経失調症とうつ病を患った際に精神科にかかったことがあります。あまり長く通っていたわけではありませんが、私の体験が少しでもお役に立てればと思い、少し過去の話をさせていただきますね。
(ただ、あまりいい思い出はなかったのでマイナス的な話になってしまいますが、今の自分があるのはお世話になった医師とのさまざまな体験があったからだと思い、今でも大きな感謝をしています)

初めてお世話になったのは代々木駅にあるとある精神科でした。私はずっと下を向きながら母に付き添ってもらっていたのを今でも覚えています。

担当して頂いたのは60代くらいの女性の先生でした。

今までの経緯を母親に話を聞いてもらい不安やイライラなどの症状があったので精神安定剤を処方され初めて服用しました。

薬を使うと頭がぼんやりして常に交換神経が興奮していた状態が落ち着き気持ちが落ち着いてきました。

2回目から心理カウンセリングが始まりました。

一番初めにやったのは一枚の画用紙に『木』を描くというものでした。

これは後に知ったことですが『バウムテスト』と呼ばれるもので、描いた一本の木、またはその風景はたまた色使いや筆圧などよって現状のさまざまな視点から見た心理状況がわかるというものです。

毎週いくつかの絵を描いていきました。

意味があったやったテストだとは思いますが正直なところ私には毎回絵を描かされに通っている感があり、担当医は母親とのコミュニケーションは取っていたものの、私との会話はほとんどなかった記憶があります。

そんな作業が半年ほど続いて、次第に通う気がしなくなり薬だけ貰いに行っているような感覚があったので途中でやめてしまいました。

2回目に行ったのも新宿にあるメンタルヘルスです。

こちらも似たような精神安定剤を処方してもらって、それを服用するというものでした。来院するたびに効果がなかったら次々と新しい強い薬を貰うという感じでした。

薬も副作用も出初めて、関節痛、無気力、無感情、思考停止状態になり医者のカウンセリングも作業的でこの頃から医師を信じられなくなってきました。

結局、そのあとも2,3件行きましたが対応は似たり寄ったりで自身の病を治すために服用していた薬に関して疑問を感じるようになり3年間の自宅療養生活が始まったのです。


このような感じです。それから私は自身で病を克服するために専門学校に入学したわけですが、その細かい内容についてはそのうちお話させていただきますね(´▽`)

こんな体験談が少しでもお役に立てればと思います。

最後におまけとして精神疾患の中でも近年増加している「うつ病」についてのチェックリストを用意してみましたので、ぜひやってみてください!

【おまけ】うつ病チェクリスト!

【テスト1】
以下の項目に「はい」か「いいえ」で答えてください。

1)1日中憂うつな気分であり、その状態が2週間以上続いている。
2)何をしても喜びが感じられず、何に対しても興味が持てない状態が2週間以上続いている。
3)疲労感があり、やる気が起きない状態が2週間以上続いている。

【テスト2】
以下の項目に「はい」か「いいえ」で答えてください。

1)物事に対する注意力や集中力が低下していると感じる。
2)自信がなく、自分を価値のない存在と感じる。
3)罪悪感を抱いており、何もかも自分の責任だと感じてしまう。
4)将来に対し悲観的になっており、希望が持てない。
5)死んでしまおうかという考えに囚われることがある。
6)夜眠れない、夜中(あるいは朝早く)に目が覚めてしまう、あるいは眠り過ぎてしまうといったことがある。
7)食欲がない。あるいは食欲が増進している。

【結果】
テスト1で「はい」と答えた項目が2つ以上、さらにテスト2で「はい」と答えた項目が2つ以上あった場合、そして日常生活に支障をきたしている場合、うつ病の可能性が高いと言われています。

いかがだったでしょうか?もしうつ病の可能性があるのなら我慢せずすぐに専門医に相談してみるといいと思います。

1人で周りに理解されない悩みを抱え込むことはとても辛いことです。あなたは決して「1人ではない」ということをどうか忘れないでください。

葛飾区で自律神経失調症を改善するなら『亀有4丁目整体院』



葛飾区 自律神経を整える朝ごはん

2016年11月04日 [記事URL]

ブログ写真2.png

こんにちは、亀有4丁目整体院の和田です。

みなさんは朝食はどのような食べ物をたべていますか?

・ご飯、お味噌汁、魚、おかず、といった和食
・トースト、コーヒー、目玉焼きにハム、サンドウィッチといった洋食
・外でファストフード

実は、自律神経失調症の人の朝食にはある共通点があるのです。

今日は自律神経の整える『朝に摂っておきたい朝食』について紹介していきます。


1まずはご飯を食べる前に、朝のリズム作りから

起きてから目の前に朝食が用意されていたとしても、いきなりバクバク食べられることができるという方はほとんどいないと思います。

まずは、胃腸の働きを促すために「一杯の水」を飲みましょう。飲む前に口内の菌を一度ゆすいでから、できば冷水よりぬるま湯で飲むといいでしょう。

次にトイレにいきましょう。

人によって朝に尿意があったり、便意があったりします。毎回どちらか決まった方が出ていれば腸内は安定していると言えるでしょう。

そして朝食という順です。

このように、朝起きてから朝食を摂るまでの間の行動に、一定のリズムができあがると自律神経もリズムよく働いてくれるようになります。

いよいよ朝食のメニューです。


2朝食のメニューはタンパク質+生野菜(果物)を中心に!

朝食はご飯派かパン派で分けられるかと思いますが、できればタンパク質を中心に摂っていきましょう。というもの『体温上昇』に大きく関係するからです。

人の体は食べ物を摂取すると代謝が一時的に上がり体温を上昇させる機能があります(生理学で食事誘発性熱産生と言います)。

糖質は6%、脂質は4%が熱に変わりますがタンパク質は30%以上と言われています。

体温が上昇すれば交換神経が優位に働くようになるので食後に体が動かしやすくなります。

もし食事をしたあとも体が完全に目覚めていなかったり、冷え性で体が温まりにくいという人にはオススメです。

一般的に手に入れやすい食材として私がオススメするのは以下になります。

・卵
・納豆
・豆類
・鶏肉類
・魚類

和食のメニューに加えたいのなら卵、納豆、豆類が手軽だと思います。洋食が中心になっている人はチーズやスクランブルエッグ、卵焼きなどを加えるか、たまには和食にしてみるといいかもしれません。

次は生野菜と果物です。

なぜ『生』野菜なのかというと、熱を通していない野菜や果物には『酵素』が含まれているからです。

酵素とは人間が生体を維持していくために必要な活動というのをスムーズにしてくれるものです。

酵素は自分の肉体にもともとあるものと、外部から摂取する方法があります。その外部から摂取する方法が『生』の食べ物を食べることです。

なので生野菜や果物だけではなくお刺身やカシューナッツやクルミなどの中にもあるということです。

生の食べ物を摂取する機会は少ないと思います。酵素は取ると肉体のパフォーマンスが上がるのでぜひ摂ってみてください。

手に入れやすい食べ物として私のオススメは以下になります。

・果物(りんご、キュウイ、グレープフルーツなど)
・レタス、パプリカ、キャベツの千切り
・加熱されていないナッツ類、クルミ

さらにオススメするのはジューサーを用いて有機の果物や生野菜をジュースにして飲むことです。これは手間がかからないので習慣化しやすいのと、食物繊維を除いて栄養だけ摂取できるので胃腸にも負担がかかりません。

ぜひやってみてください。


3自律神経失調症の人に共通する朝食のメニューとは?

私のところに来院される自律神経失調症あるいはうつ病患者にはある共通点があります。それは『炭水化物』ばかり摂っている、ということです。

ご飯や麺類、パンなどの炭水化物や甘いお菓子やジュースなどの糖分の摂り過ぎには注意が必要です。

なぜなら、これらは血液中の血糖値を急上昇させます。

血糖値が急上昇すると、なんだか力が出て元気になった気分になると思います。よく「疲れたときに甘いものを摂るとやる気が出る」というやつですね。

確かに一時的には元気になりますが、糖分によって急に血糖値が上昇すると膵臓からインスリンという血糖値を下げるホルモンの作用が強く働きます。

その結果、今度は急激に血糖値がガクッと下がってしまいます。

急激に血糖値が下がるとどうなるか?

血糖値が急に下がると、「低血糖状態」 になりこのような症状が出ます。

・急に眠くなってくる
・頭がボーッとする
・やる気がでない(無気力)

まさに自律神経の乱れがある人に共通する症状だと思います。

低血糖になると体はどのような反応をするかというと、多くのアドレナリンを分泌させます。このアドレナリンの分泌が交換神経に関与することが、自律神経失調症の人にはかなり良くない好ましくない理由なのです。

血糖値が下がった状態は今度はアドレナリンによって血糖値を無理矢理に上昇させられます。そのため交感神経まで興奮状態にさせてしまいます。

本来なら眠気が来たり無気力な状態で休んでいたいはずの体も、緊張が高まったり、イライラしたり、動悸や不安感がでる場合もあります。

その結果、ゆっくり休んでも疲れがとれない、という状態になるのです。

糖分を摂りすぎるとこの悪循環が習慣化してしまい健康だった人でも、自律神経失調症になる可能性があります。

4体は口から入った食べ物から構成されている

私たちの体は食べた物によって作られていると言っても過言ではありません。ならば不摂生をしていれば、それ相応の体に構成されてしまうと言ってもいいでしょう。

食生活を見直すだけでも胃腸の調子良くなったり、気持ちが安定しやすなったりするだけではなく、肌のトラブル解決や過剰な摂取カロリーを抑えることができるので美容やダイエットにも効果があります。

そうすれば1日の体調のリズムがよくなり、いつもよりずっと快適な生活を送れるようになるでしょう。

ぜひやってみてください。目安としては最低3週間は続けてみましょう!

葛飾区で自律神経失調症を改善するなら『亀有4丁目整体院』



葛飾区 自律神経失調症の人が注意したいパソコン&スマホの習慣

2016年11月02日 [記事URL]

ブログ写真1.png

こんにちは、亀有4丁目整体院の和田です。

就寝前にパソコンやスマートフォンを使用すると質のいい睡眠が取れないことはなんとなく知っているかと思います。

①でも、なぜ睡眠に影響が出るのか?
②どのように体が反応するのか?
③知ってるけど、今いち対策の仕方がわからない...

という方も多いと思います。

今回はどうすればパソコンやスマートフォンの影響されずに質のいい睡眠が取れるようになるのか、について紹介していきます。


1なぜ睡眠に影響が出るのか、そのときの体の反応とは?

寝る前に仕事のメールチェックでパソコンを...
ベッドの上で少しだけスマホでSNSを...

誰でもこのような体験はあると思います。

しかし、そんな日の次の朝に限って体が重くて起きるのがダルくなってしまう、という経験はないでしょうか?

そうなる原因は交換神経の働きにあります。

人は夜になると体を休ませるために副交感神経の働きが活発になり眠気を誘う仕組みがあります。

ところがいざ体が眠ろうとスイッチが変わろうとしている瞬間にパソコンやスマフホを使うとどうなるでしょうか?

実は、私たちの行動が能動的になります。

つまり自分から次々と行動しなくてはならなくなるのです。(※検索→サイトの選択→文章を読む→再度検索...)

人は能動的になると積極的に脳を働かせることになるので交換神経が刺激されるのです。

また、昼間と違い室内の明かりも弱くなっているので画面も明るく見えるようになります。

この明るい光は、さらに体内で交換神経を活性化させる『メラトニン』というホルモンがどんどん分泌させます。

メラトニンは体内時計を調節するのに大切なホルモンです。

ホルモンのバランスが乱れれば体内時計に乱れが生じ、朝起きてもうまい具合に交換神経が働かなくなり起きるのがダルくなったりします。

またパソコンでは、長時間に渡り同じ姿勢になっていることが多くなるので、肩こりや腰痛が発生しやすくなります。

その痛みがさらに寝付けなくなってしまう原因にもなります。

~夜に交換神経が刺激されることで起こる症状~

1、寝つきが悪くなる
2、夜中に何度も起きてしまう
3、朝起き上がるのが重だるい
4、肩こりや腰痛になりやすくなる
5、昼間に寝不足を感じる

2パソコンやスマホから体を守る5つの対策

パソコンの使い方を変えてみる

寝る2時間前はパソコンとスマホの使用は避けたほうがいいでしょう。しかし仕事もしているとなかなか実行できない場合があります。

そういう人は次の2点に注意してみてください。

①パソコンの画面を暗くして使う
他人のパソコンの画面を覗いてみると以外と明るく感じることがあります。

これは無意識のうちにパソコンの元も設定である明るさに目が慣れてしまっている可能性があります。

明るさは調整できるので、少し暗いなと感じるくらい明るさを調整しましょう。

②ブルーライトを遮断する保護シートやメガネを使う
ブルーライトとは網膜に到達する光の中で紫外線にもっとも近い強いエネルギーを持つ光のことをいいます。

市販でブルーライトから目を保護するシートも売っているので、それを活用するのもいいでしょう。

また、ブルーライトや画面の光をカットしてくれるメガネも売っています。

効果はさまざまですが、使用していたほうが目が楽だ、という方は多くいますので試してみるといいでしょう。

スマホはルールを作って使用する。

夜のスマホは1分使用するだけでコーヒー2杯分と同じくらいの覚醒効果があると言われています。

なかなかメールやSNSが気になって、ついつい使ってしまうという方は多いと思いますが、快適な睡眠を得るためにスマホの使用時にルールを決めておきましょう。

③充電器は必ず寝室以外に設置すること
寝室に充電器があると、充電だけしようとしてもついついメールの着信などで、つい気がそっちにいってしまいます。

寝室から充電器をなくし、寝ていても手が届かない別の部屋に設置するようにしましょう。

オススメは玄関や洗面所です。

④電源をOFFにする
簡単です。電源をOFFにしましょう。

ここで言うOFFといのはスリープ状態ではなくて、画面を操作しても電源がONにならない状態にするという意味です。

⑤SNSでの人間関係に依存しすぎにようにする
フェイスブックやLINEなどは今では人との交流には欠かせないものになっている時代です。

しかし、あまりにも自分では管理しきれないほどの人数とネット上で交流をすればするほど、メールやチャットなどのメッセージが気になり、頭から離れなれなくなり、スマフォを常に携帯していないと不安になってしまう、という危険があります。

ネット上でいろんな人と交流を深めることは素晴らしいことです。

けれどあまり深く浸かってしまうと依存性になってしまう可能性もあるので、ほどほどにしておきましょう。

その他の方法

最近ではスマホのアプリがものすごく充実しています。

なかには『一日どのくらいの使用したか時間を計測できる』『一定の時間を使用したら制限が出る』などのアプリがあるようです。

とくにスマホ依存性の人は、どのくらいの時間を使用しているかという自覚がまったくない人が多いです。

このようなアプリを使ってスマホの使用時間をコントロールするのもいい手段だと思います。

3まとめ

①夜のパソコンやスマフォの使用は交換神経を刺激し、体内時計ホルモンと呼ばれる『メラトニン』分泌作用を乱れさせ体調を崩しやすくする。

②仕事でパソコンを使う場合は目に光に刺激が入らないように工夫したり、ルールを作りそれを厳守する。

厚生労働省のダイドラインでも
「1時間のVDT(デジタルディスプレイ樹木作業を行った際には15分ちどの休憩を取る」と書いてあります。

仕事でも趣味でもあまり使いすぎないようにするのが明日への健康の第一歩かもしれないので、夜寝つきにくかったり、朝起きるのがダルいと感じる人は注意してみてください。

葛飾区で自律神経失調症を改善するなら『亀有4丁目整体院』




 1  2 


電話のご予約・お問い合わせはこちら

電話: 03-6662-4845

「亀有4丁目整体院」へのお電話はこちら
【住 所】〒125-0061 東京都葛飾区亀有4-38-9
【電話番号】03-6662-4845
【営業時間】午前 9:30~12:30
午後 15:00~20:30
【電話受付】 午前午後の終了30分前
【定休日】日曜、祝日、その他
【最寄駅】常磐線亀有駅 徒歩5分

PageTop

サイド 割引.png 休診日カレンダー.png
まずはじめに
☆亀有4丁目整体院のご案内
○症状について
会社概要

【住所】
〒125-0061
東京都葛飾区亀有4-38-9


【電話番号】
03-6662-4845


【営業時間】
午前 9:30~12:30
午後 15:00~20:30


【定休日】
日曜、祝日、その他


【最寄駅】
常磐線亀有駅 徒歩5分


カテゴリー
新着記事
サイド 相談室お悩み.png サイド 症状別.png
サイド 予約.png


葛飾区亀有 腰痛専門 「亀有4丁目整体院」
  • 住所:〒125-0061
    東京都葛飾区亀有4-38-9
  • 電話:03-6662-4845